忍者ブログ
寝ては夢 起きては寝言
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




おっちゃんなぁ、
よく髪型とか、日に焼け具合によって
いろんな国の人に間違えられるって、前にも書いたっけ。

でもな、実はな、おっちゃんはな、何を隠そう
あの、誰もが憧れる夢の王国、
そう、えどまる王国民だったのだ。
へへ。

そのえどまる王国で、大運動会があったので
どんなに楽しそうかを見てくれたまえ。


赤白にわかれて、さあみんな、がんばるぞー!

大運動会


開始早々白熱する『大王ころがし』
小さい子どもにとっては自分の背丈ほどもある
大王を転がすのだから、必死で、楽しくて、大変で、
私はアナタにもう夢中ってとこか。

これくらい大きい子たちになってくると、
相談しあって体力的にも知恵的にも(?)余裕って感じ。

大王ころがし


お次は『シートでジャンプ!』
4人ひと組になって、小さい子二人がシートに乗り
大きい子二人がシートの前の端を持つ。
上に乗った子たちがジャンプするのに合わせて、
シートを持った子たちが前に引っ張りながら進む。

これは面白い、見ている方も十分盛り上がる。
チームワークやタイミングによって、
面白いようにどんどん進んだり、
カタツムリのごとくにちっとも進まなかったり。
この画像でその面白さが伝わるかどうか…

シートでジャンプ


そしてめでたい『だるま神輿』
これも4人ひと組。
だるまをのせた板の4角の棒を持って、
落とさないようにそーっと運ぶ
わけないだろう、
棒をつかんだら走る!走る!オレたち!

だるまみこし


最後は天国と地獄!?『棒ひき』
赤白にわかれた陣地の中央に置かれた数本の棒。
そこへ全力で走り、棒をつかんで陣地に引っ張り込む。

ガキの時分に幅の広ーい滑り台で
天国(滑り台の上)と地獄(滑り台のした)に分かれて、
腕や足をマジで引っ張り合い、
引きずりあげたり、引きずり降ろしたりした
危険な遊びを思い出した。

棒ひき


どだ!楽しそうだろう?

おっちゃんはな、写真撮ってただけじゃないぜ、
小学校の運動会の保護者じゃねえんでな。
走った、掴んだ、引っ張った!
いやぁ、楽しかった。

前の日遅くまで呑んだり、朝から別の用があったり
いったいどうなる事かと思ったが
子どもたちが本気で頑張ってるってのに、
大人が頑張らんわけにはいかんだろう?

この後、綱引きも全力で3回やったんだぜ!


おっちゃんの手の甲には名誉の青アザが残り、
ホルモン焼きとビールがウマかったことは言うまでもない。

ホルモン焼き

P.S.
この後焼肉行くから、とか言ってお断りしつつも、
結局いただいて帰ったお寿司は
あの直後、たちどころに口に飛び込んで消えました。
Aさん、色々ありがとうございました。
って、見てないですよね。 (^_^; ハハハ…


PR



さぁ、今日は東西に分かれて激しい戦いが繰り広げられる、
『風雲えどまる城夏の陣 ―王国の夏は終わらない―』 だ!

東西ともに立派な本丸、出城があり
それぞれ総大将、本丸大将、出城大将、副将と
本丸守備隊、出城守備隊が配置に着く。

図にするとこんな感じだ。


配置図

実際は攻撃隊を含むもっとたくさんの兵士がいるぞ。


おっちゃんが所属するのは東軍、
えどまる国王率いる「えどまる王国軍」だ。
どうだ、この立派な砦。
この本丸と出城、総大将であらせられる
国王ヒデヒサ様をお守りするのが使命だ。


風雲えどまる城 東軍陣地 えどまる王国城



対する西軍は、
無法者ビリーザキッド率いる「反乱軍」。
うぅむビリー、敵ながらなかなかカッコイイではないか。
反乱軍にも、やはり立派な城がある。


西軍陣地 ビリーザキッド率いる反乱軍

さて、東西の城と大将を守る「命がけの戦い」は
はたしてどのように行われるのか?

武器は水鉄砲と手榴弾(水風船)の二つ。
本丸と出城にバケツがあり、そこで弾(水)を込める。

全員がポイ(金魚すくいの紙を貼った丸いヤツ)を身につけ
それが敗れたら兵士は捕虜ゾーンへ。
故意に隠すようなことをしなければポイはどこに付けてもよい。

出城にもポイが三つ、本丸には大きいポイが一つある。
(最初の写真の中央に見える丸いもの)

総大将(ポイ2つ)を討ち取られたら負け。
総大将が無事なら討ち取った敵の数と、
奪い取った城(ポイ)の数の合計ポイントで勝敗を決める。

このようなルールの6分間の戦いを5回行う。
幼児も子どもも大人もハンデ無しのマジな戦いだ。

ポイがやられないように身をかわし、
最後まで戦いぬいたツワモノは名誉と引き換えに
ビショ濡れになってしまうことだってある。

おっちゃんなんか、顔のど真ん中に手榴弾を受け、
水風船とはいえ、かなりのダメージだった。

いやぁしかし、大人も子どもも手加減なしの
本気の戦いおもしろいぞ!

次は、冬の陣だ!



東軍がんばるぞ


反乱軍に向かってときの声を上げる
勇敢な我がえどまる王国軍兵士たち。




AFN

今朝AFNを聞いていたら、Hisano Yamazaki さんの
"What's Happening outside the Gate" のコーナーで、
恵比寿ガーデンプレイスでビール祭りがあると言っていた。

行ってみたいと思ったら、2009年は25万人の人出だとか。
そして今年はエビスビール生誕120年ということだから、
もっと盛大で、混むんだろうなぁ…

混むといえば、一昨日の目黒のさんま祭り。
おととしは1時間以上並んでサンマを貰ったが、
昨年はこりゃぁもう並んでも絶対に無理だな、
というほどの行列で、諦めて帰った。

今年はサンマが不漁ということで、
さらに混むだろうと思い、目黒まで行くのもやめた。
結局、3万人以上の人出だったらしい。

何万人という人ごみの中で、ビール飲んでみる?

恵比寿麦酒祭 9月16日~20日

目黒のさんま祭り 


 




今日は東八拳の稽古の後、いつもどおり
師匠、兄さん、姐さんと浅草で一杯やってから、
麻布十番の祭りに連れて行っていただいた。

和楽あにさんが祭りにお出になるのだ。
出し物はお囃子、獅子舞、かっぽれなど。

よっ、待ってました!
あにさん!

う~む、格好いい。

つい見とれてしまうが、写真も撮りたい。
いや、やはり肉眼で見るのが一番だな。

とか思いつつも、片手にカメラ、片手に携帯で
財布が出せず、獅子舞にご祝儀を出しそびれ、
悪い頭を噛んでもらい損ねた。

あれ?
獅子舞って悪い頭には効かないんだっけ?

兄さんが踊っておられた「深川」は、
おいらがまだ小さくてかわいかったころの、
正月の恒例の出し物だ。
懐かしい…

我が家では正月になると親戚一同集まって
昼から夜中まで呑み続けの新年会をするのだが、
その時、皆が何かしら隠し芸をするのだ。

なぜそんなことをするようになったかは知らんが、
一年中何となく、唄や踊りの練習を
祖母にさせられて…
いや、かなり喜んでやっていたな。

民謡色々、詩吟は富士山や黄鶴楼をやった。
剣舞の黒田節なんか、得意んなってやってたな。

あぁ、その頃から酒は飲め飲めだったんだな。

中でも好んでやっていたのがこの、
「深川」と「やっこさん」だった。

なんか、あの、三味線の
トン ツ テン ツ トン チチチン トン シャン
てな感じのところがすごくかっこいいと思っていた。
猪牙ぃでぇえぇ、さっさぁ
の、さっさぁーとか、なんともかっこいいのだ。

あぁ、またああゆうことが、やりたいな。


あと、南京たますだれもやっていた。
「あ、さて あ、さて さては南京たますだれ」
というやつ、知ってるよね?

おもしろかった。
玉すだれはもちろん面白いんだけど、
斜め後ろの、外国人の男性が面白かった。
日本人のガールフレンドと一緒だった。

玉すだれが終わったところでその男性、
彼女にこう尋ねた。
「ア サッテ ア サッテ ト イウノハナゼデスカ?」
彼女
「?????」
一生懸命言い方を変えて同じ質問をする男性
彼女は相変わらず???

えぇ、じれってぇ!
おいちゃんすぐ、ピンときちゃったぜ。
んで、悪いかと思ったが、口出ししちゃったよ。

「あ、さて」というのは、
どう英語にしたらいいかは分からんが、
まぁ、”Hey!” 程度の掛け声だよ。

そのとき、
その男性の青い瞳からうろこが落ちたのが見えた。

「Oh!Hey! ワカリマシタ、アリガトウ。」

「ワタシ the day after tomorrow,the day after tomorrow,
 イイナガラ オドルノ ナゼカト オモイマシタ」

思わず手拍子を打ちたくなるほど、とてもいいリズムで、
上手に歌って勘違いの説明をしてくれた。

だって、今日見てんだもんなぁ?
爆笑しそうなのを必死でこらえた。


おい、ちょっとそこのキミ
この意味まさかわかんなくないよね?



 
カッコイイ和楽兄さんの「深川」


そこのキミのために言っておくが、

“ the day after tomorrow ”
というのは、
 「明後日」 という意味だぜ。








じゃぁねぇ、えーとね、


「あついひ」

ひ?

ひ、ひ、ひー



 



「ひょうけつ」

つ、
つー、つ、つつ、



 



「つぶがい」
 
い、
い、ねぇ…
んーと、



 



「いいだこ」


こ!


「こめんとまってます!」





先週の土曜日に、おいちゃん
一日テキヤをやるんだよ、
って書いたっけ。

そしたらまた今週も、
今日も、一日テキヤさんだったんだよ。

でも今週はちょっと違うんだぞ、
ヤキソバ屋さんだ。
いやぁ、ヨーヨーと違ってな、
暑くって大変だったんだよ、これが。

とにかく、何時間も何時間も
何百個もヤキソバを売るんだぞ。
考えただけでも大変そうだろう?

どうだ、これが
おいちゃんのヤキソバだ。


祭りのやきそば

ずっと立ちっぱなしで、飯抜きだ。
その代わりに
ちょっと、飲み物とおまけがもらえたんだけど、
こんなんで、何時間も働くんだぞ、
どうだ、大変そうだろう?偉いだろう?
その名は、
「テ・キ・ヤ」


ビールと枝豆

いやぁ、疲れた。
とーにーかーくー、疲れた。

ビール4杯+ヤキソバ+フランクフルト
+枝豆+こんにゃく+漬物のカロリーで
こんなにたくさん働くとはなぁ、
おいちゃん、なんて低燃費の働き者だ。

たったこれだけで6時間だぞ。
どうだ、今流行りのエロジジーってヤツだろ?
ん?何が違うんだ。
エ?コロジ?
エコロジーか。
おいちゃんそう言わなかったか?

細かいこと言うなよ。
とにかく、
腹が減ってぶっ倒れそうだったんで、
現物で日当を貰って帰った。
今日の夜食はこれだ。


日当=ヤキソバ+枝豆+フランクフルト+こんにゃく

ヤキソバ4パック
フランクフルト2本
こんにゃく3本
えだまめ3パック

しまった、ビールを貰ってくるのを忘れた…


 




いやぁ、毎日暑いですな。
そんな暑いなか、
今日はちょいと用事がありまして、
日本橋にやってめぇりやした。
……
と、

消防自動車!
凄い人だかり!
なんだなんだ!





大変だ、日本橋が火事か?

いやまて、
放水している先は首都高?
ってことは、
首都高で火事?

じゃないぞ、
首都高についてる
『日本橋』
の看板(?)だ。

なんだ!どうした?





いえいえ、冗談です、
すんません。

なんだか、どうしたかご存じない方は
2,3日後にでもまた、
ここを見に来てやってください。

画像と話を追加する予定
の、つもり、
の、ような、
気がします。




  ノミムシです
 
 趣味は 暴飲暴食
デザインをもうちょっと、
何とかしたいんですが、
HTML を書き直すのが
面倒だし目が疲れるし…
いつになることやら。

何人見てるかな?
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投票お願いします(^_^)
コメント
[05/19 にゃっぷー]
[05/02 のみむし]
[05/02 slowrider]
[10/08 にゃっぷー]
[10/08 のみむし]
[10/08 にゃっぷー]
[04/29 にゃっぷー]
最新記事
(01/22)
(10/04)
(09/30)
トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]