忍者ブログ
寝ては夢 起きては寝言
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




つい、ついね、開けちゃったんだよ、
パンドラのハコ。

だって、こう毎日暑いんじゃぁ
どうしたって使いたくなっちゃうよね?

まぁ、昼間はなんとか、
これでもいいか、夏なんだしな、
なんて思えたりもする。

だけど、夜はたまらんね。
次の日まいっちゃうからねぇ。

だもんで、結局は毎日ってことに。
そうするうちに、やはりというか、
なんだかだんだん様子がおかしくなってきた。
いえね、ちょっと前から気づいてはいたんだけど、
そこをどうにか、もうちょっと、
とりあえず今季中くらいはなんとか、
と、ごまかしてきた。

しかし、ついに、昨夜
これはもうヤバイぞという状態になった。

で、今日、
とうとう開けちゃったんだよ、
パンドラのハコをさ。
そしたらやっぱり、
出てきた出てきた、
恐ろしいものが!

とりあえず掃除機でやっつけようと思ったが
全然ダメ。
そーっと風呂場へ持っていき、
全開のシャワーでジャーッ!
おわーわわわっ

小さい小さい鼠のようなものが
風呂の床一面に広がった。
大丈夫だ、これは鼠ではないゾ。
コイツはなんとか、カタを付けた。

そして問題のハコの中を覗く。

!!!!!
急いで閉めてしまおうか、
いや、見てしまったものはそうもいくまい。

どうする?どうしよう!

雑巾で拭いてみる。
ダメだ、狭くて手が入らない。
角度を変えてみても全然ダメ。

それよりまず、この作業を遂行するためには
自分の防護をしなければ危険だ。
花粉用マスクと、水泳用ゴーグルを付ける。
よし、これでまぁ安全だろう、
作業再開。

何しろ、凝り性のB型だ。
やり始めたらとことんやらねば気が済まん。
しかも、分解するのが大好きだ。

まず、手前の部品を一つ外してみる。
次の部品も同じように取れるな、よし、OK。
問題はその奥の部品だ。
暑さと無理な姿勢の作業で冷静さを失う。
部品を折ってもぎ取りたくなるが、
ぐっとこらえて構造を観察。

小さい3ミリくらいのポッチと
その横に目立たない△のマークが!
ポッチを△の方向に押してみる…
よし、外れた!

そしてついに、
問題の部分に手が届くようになった。


昼までに終わらせようと始めた作業だったが、
終わったのは2時だった。
疲れた…
脱いだTシャツは汗でずっしり重かった。

あぁ、よく頑張ったな、
えらいぞ、自分。



エビスビールと胡瓜のぬか漬け


あー、労働の後、暑い部屋で飲むビールは格別だね。
汗をかいたんで塩っぺ―胡瓜もうめー!

だってさ、エアコンのクリーニングって、調べると
たいてい一万円とかそれ以上するでしょ?
そうすると、10回くらいやったら
新しいエアコンが買えちゃうじゃん、
とか思わないかい?

で、自分でパンドラのエアコンを開けちゃったんだよ。
よしゃあよかったね、
だってあんだけヘンなにおいがしたんだから、
そうとうキテるな、と思えばよかったんだよ。

とにかく、知らぬが仏、見ぬこと清し。
あのホコリとカビを見ちまったら、
絶対に使う気にはなれんよな、絶対に。

かといって、クリーニングを頼んだら
いつになるかわからないしさ、
やるしかないよね、見ちゃったら。

いやぁ、今度からはケチなこと考えずに、
お金を払って、ちゃんと専門家に頼もう。

いや待てよ、
自分がエアコンのクリーニング技術者になる
って、手もあるな。
いんや、冗談じゃないよ、本気だよ。
だって、なんでも自分でできるって便利じゃん。

まぁ、そんなことを考えながら、
蒲焼で一杯やるとするか。

なにしろ、今日は今年一度の土用の丑だからね。



晩酌は土用の丑で蒲焼

PR



もうずっと前からブログの引っ越しをしようと思いつつ、
ずーっとやっていなかったのを急にやりだした。

今日はごちゃごちゃとウィンドウ内の部品の配置のへんの
CSS を書きなおしていたら、ブログ書く暇なくなっちゃったな。
何とか形にはなったが、色々な原因で崩れないかなど、
まだまだ確認のテストが必要そうだ。

position のもとがあやしいので必ず確認すること。
もっとスマートなやり方があるはずだな、絶対。


/*全体の設定*/
#mainBlock {
position: relative;
width: 770
float: center;

text-align: center;
}
.left {
text-align:left;
}
.center {
text-align:center;
}
.right {
text-align:right;
}

#TopBlock {
/* position:relative; margin-left:auto; margin-right:auto; */
width:770px;
height: 200px;
float: center;

text-align: left;
background-image:url('http://file.ricalica.blog.shinobi.jp/RIMG0567.jpg');
}
#TopTitle {
padding: 10px 0px 0px 20px;
}
.TopTitleFont {
color:#CCFFFF;}
#TopExplanation {
padding: 10px 0px 0px 20px;
}
.TopExplanationFont {
color:#FOFFFF;
}

#FooterBlock {
clear:both;
height: 200px;
text-align: center;
}

.PluginBlock {
/*position: relative; top: 216px; left: 220px;*/




不覚にも風邪をひいてしまったようだ。

年明けすぐも風邪っぽくて調子が悪かった。
その後、目に何か出来て痛かった。
治りかけてきたところに食中り。
そして、
今度は発熱…

厄年?
じゃないよね…
なんか、とても体が弱ってる感じ。




ガボンッ



あーっ!

あ~あ~あ~


昨日、携帯を
水没させてしまった。

うぅゎぁ~
パカッ
おっ、電源切れてない?
マジ?
おわぁ~っ!
画面が上下反転してる

ヤッベー

急いで拭いて
外せるものを全部外し
開くところを全部開け
ドライヤーで乾かした

そのまま放置すること一昼夜

動いてる?
動いてる!
ホントか…

昨日あんなだったのに
動いてるほうが不思議。
たまたま動いてるだけかも。

せめてウチに帰るまで
こわれないでくれ。






iPhoneで無人の車を操縦できるんだって。
画面でブレーキ、アクセルの操作
左右に傾けてハンドルの操作。

走行実験の様子はまるで
1/1 スケールデジQといったところ。
楽しいだろうな。

実用化のためには法の整備が必要
ということだ。
が、
もし実用化されたら、
例えばどう役に立つんだろう?
うーん…





注射が怖い。

特に採血が怖い。

どれくらい怖いかというと

採血の時、
注射器をもった看護婦さんが来る。
まっすぐこちらに向かって来る。
ふと目が合ったとき、
看護婦さんの顔がこわばった。
そしてクルリと踵を返すと
一目散に年輩の看護婦さんのところに行き
「あの患者さんの採血お願いします」
キッパリと言った。

また、別の採血のとき。
覚悟を決めて腕をめくられる。
上腕をゴムバンドで締められる、多分。
恐怖でよくわからない。
が、目をつぶったりすると怖いのがバレるので
何気なく、ごく自然に、
壁に張ってある薬のポスターなどながめ
平静を装う。
「アタシだって怖いんだから、怖がらないでください!」
看護婦さんに怒鳴られた。


またあるとき、
いつものように注射の前の一連の儀式。
恐怖に耐えるだけで必死だというのに、
アルコールで拭いたり、
ゴムで締めたり
手を強く握りしめろとか
血管が出ないと言って叩いたりする。
あぁ
やるなら早くヤッてくれ。
恐怖は最高潮、
椅子にまっすぐ座っているのか
どうかも分からない。
自分の顔が白くなっていくのが分かった。
………
目が覚めた。
あれは…悪夢…か?
「気が付きました?」
え?
「採血の途中で気を失っちゃったんですよ」
看護婦さんはニコリともせずに言った。

あぁ、こんなにも注射が、採血が怖い。
のに、
今日は採血だった。

でも、これまでのことは過去のこと。
大人と呼ばれるようになって久しい。
もう大丈夫だ、ぜったい。
怖いなんて悟られないぞ!
何気ない顔で待った。
一連の儀式も何事もなくすんだ。
そしていよいよそのときがきた。
呼吸が浅くなる、
長い…なんリットル採っているんだ…
もう…
「手を楽にして下さい」

「開いていいですよ」

どうしてこんなときに楽にできるものか、
と、思いつつ、
満身の力を込めて拳を開いた。
頑張った、よく頑張ったな。
ついに恐怖を気取られることなく
採血をやってのけたぞ!
「ゴメンなさいね~、痛いですよね~」
看護婦さんが涙を拭いてくれた。






おとといから鼻の調子が悪くなり、
昨夜は鼻が詰まって口で息をしていたらしく
のどにきてしまった。

あ゛ーのどがものすごく痛い。
こんなとき、アメリカのドラッグストアで売ってる
コフドロップがあったらな。

チョー強力で、日本ののど飴なんて比じゃない。
同じ土俵には上がれないね。

そこいらで売ってるのど飴は、
のどが楽になる、または、
楽になった感じがする、ような気がする
程度。


でもアメリカのは違うよ。
なめたことある人にしかわかんないよね、
あの感じ。

まずベロの感じがおかしくなる。
そのうちのどのほうまでおかしくなる。
しばらくすると、ベロものどもマヒしてくる。
ベロの感覚が鈍くなり、
のどなんてすごく痛かったのに
まったく痛くない、というか
感覚がない。

恐ろしいような気もするが、
水を飲むだけでも痛いようなとき、
あのコフドロップを始めてなめた、
シアトルのどんよりとした空を
ふと、思い出す。




  ノミムシです
 
 趣味は 暴飲暴食
デザインをもうちょっと、
何とかしたいんですが、
HTML を書き直すのが
面倒だし目が疲れるし…
いつになることやら。

何人見てるかな?
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投票お願いします(^_^)
コメント
[05/19 にゃっぷー]
[05/02 のみむし]
[05/02 slowrider]
[10/08 にゃっぷー]
[10/08 のみむし]
[10/08 にゃっぷー]
[04/29 にゃっぷー]
最新記事
(01/22)
(10/04)
(09/30)
トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]